FC2ブログ

『夢見月夜曲』は日高千湖のオリジナルBL小説ブログです。

あまりてなどか人の恋しき・5

 ムシャクシャしたままひろ子の部屋を訪れた俺の欲求不満は解消出来たが、モヤモヤは晴れずにいた。自宅に戻った俺は逆に自己嫌悪に陥り、大貴からのメールも着信も告げない役立たず携帯をベッドに放り投げた。

床に座り込み、頭を抱えて、ひろ子とは手を切ろうと決めた。

このままではひろ子が可哀相だ。俺の存在がある所為で、誰かいい人が現れても付き合えないし、結婚したくても出来ないじゃないか。

ひろ子を俺の身勝手な欲望の捌け口にしてはいけないのだ。

俺は大貴以外は愛せない、きっと・・・。


「彰彦、ご飯は?」

部屋の前で、母がノックをして声を掛けて来た。

「いらない」

「お風呂は?」

「後で」

母との会話は年々短くなり、最近では単語か十文字以内で済むようになった。

ドアの向こう側から母の溜息が聞こえた。溜息は今や母の専売特許となった。そのかわり、父とはよく話をする。ひろ子の事がバレた時、父には大貴への気持ちを素直に話したのだ。

中学生だった俺は、誰にも言えない悩みを父に打ち明けた。星望出身の父は俺の気持ちを理解してくれて、「それが一過性のものなのかまだ判断が付かないんだから、しばらくの間はひろ子との関係を続けてもいい」と言ってくれた。

反対に母は、「男の大貴の事が好きな息子」を受け入れる事が出来なかった。それ以来、母の望む「長男像」を演じる事は、母への愛情表現でしかない。

だから、勉強もスポーツも手を抜く事なくそつなくこなし、常に学年でも一位か二位だ。要するに俺は、授業参観や保護者会に出席して、他の母親たちから「羨ましいわあ、寺田さん」と、言われるような理想の息子を演じてやっているのだ。

 寝る前に大貴に「明日は無理するなよ」と、メールし、どうか返事が来ますようにと祈った。

ふと、大貴の事が頭に浮かんだ。大貴も理想の『親友』が欲しいだけじゃないのか?

頼りになる彰彦、勉強が出来る彰彦、優しくてスポーツ万能で自慢の彰彦・・・。俺の中で生まれた疑問は解決される事もなく燻り続けて、俺を苦しめ続ける事になった。

誰も真実の『寺田彰彦』を見ようとはしないのだ・・・。大貴、助けてくれ。


 翌日、大貴とのいつもの待ち合わせ時間の少し前に、「休む」と簡略なメールが届いた。俺は仕方なく一人で電車に乗り学校に向かった。階段が長くて苦しいものだったのは言うまでもない。

休み時間に再び大貴からメールが来ていて「掃除当番ごめん」と、あった。

昨日の別れ際は冷たい態度だったと思っていたから、掃除当番を一人でやる事になった俺を気遣う簡潔なメールが無性に嬉しかった。

「他のヤツに頼むからいいよ」と、返信すると「もう部活も終わりだから、明日ロッカーの荷物を取りに行く」と、また返信が来た。

よし。帰りには荷物を持ってやるかと、一人ニヤニヤしながら携帯を閉じた。


「気持ちが悪いぞ、寺田」

同じクラスの井上辰弥が言った。井上は『円井グループ』という大きなグループ企業の御曹司だが、気取った所もなく性格も好ましい。唯一、俺が親友と思える男だ。

「お前、放課後は暇だろ?部室の掃除、付き合えよ」

「大貴の代わりか?いいぞ」

井上は教室を見回して、「大貴がいないと寂しいものだなあ」と、呟いた。その通りだ。寂しいなんてもんじゃない。火が消えたような、という表現がピッタリだよ。

俺は大貴がいないだけで授業に集中出来ないし、休み時間も手持ち無沙汰で、身体の半分をどこかに置いてきた様な気分だった。大貴も、俺も、この三年間学校を休んだ事はなかったから、学校で傍にいないというのは寂しくて、不安だったりするのだ。

大貴・・・。お前は俺が傍にいなくても、なんともないんだな・・・。
 
*****

ご訪問ありがとうございます!ごゆっくりお過ごしくださいませ!

彰彦くん、意外と孤独です。母親と息子って難しいですね~。がんばれ、あきちゃん!!

   日高千湖

ランキングに参加しております、良かったらポチッと押してやってください♪
   ↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村  
携帯電話の方はこちらを押して頂けると嬉しいです♪
   ↓
ブログ村 BL・GL・TLブログ
ありがとうございました! 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日高千湖

Author:日高千湖
日高千湖のBL小説ブログへようこそ♪

こちらはオリジナルBL小説ブログです。BLという言葉なんて知らない、嫌悪感を抱くとおっしゃる方は回避願います。

旧ブログ『薄き袂に宿る月影』をご愛顧頂きました皆さまには、ご迷惑をお掛けしております。

旧ブログ内で公開しておりました作品につきましては順次こちらでも公開して参ります。また、旧ブログで公開中の作品は今のところそのまま残しておりますが、こちらへは改稿した上でUP致します。こちらへ移転後は旧ブログでの公開は見合わせたいと思いますのでご了承下さいませ。

左上の【Sitemap】をクリックして頂きますと過去3ヶ月の更新記事がお読みになれます。お久しぶりの方、読み逃がした方はこちらが便利です♪

サイトマップ代わりに【目次と登場人物紹介】というカテゴリを作成しましたので、そちらをご利用下さい。

★拙作ではございますが、著作権は放棄しておりません。お持ち帰りはご遠慮願います。

★大変お手数ではございますが、リンクをご希望の方はコメント欄にてお知らせ頂けると嬉しいです♪よろしくお願い致します。


ランキングに参加しております。良かったら押してやって下さい!
  ↓

にほんブログ村


ありがとうございました!

★尚、拍手コメントくださいました方へのお返事は、コメントを頂いた記事のコメント欄にて書かせて頂いております。ご確認下さいませ★

では、ごゆっくりどうぞ♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
フリーエリア