FC2ブログ

『夢見月夜曲』は日高千湖のオリジナルBL小説ブログです。

華恵の夢は夜開く・4~コーヒータイムは百薬の長【前編】

★すみません。週末ですので色々とありまして間に合いませんでしたwwwこちらの方が間に合いそうだったので頑張って推敲しましたwww



 愛の伝道師、《スイートハニー》の華恵です。

皆さん、お久し振り~!『S-five』の花、永遠のショッキングピンクアイドル、華恵ちゃんですっ。

とうとう"あの"黒川嘉美が《イゾルデ》から異動しちゃったのよ!立派になって、お姉さんは嬉しいわ~って、浮かれてる場合じゃないの。

そうなの、私の憩いの場が一つ減っちゃったのよ。華恵はこれから貴重なコーヒータイムを、どこでどう過ごせばいいの?

 今までは《イゾルデ》と《ビストロ・325》とを半々でお邪魔してたんだけど、《トリスタン》には行ってないのよね。それというのも、《トリスタン》の大橋くんには華恵のアンテナが反応しないのよね。

いえね、彼がイケメンではないってわけじゃないのよ。確かに顔も標準以上なの。でもね、ほら、華恵のご自慢の太~いアンテナがションボリしたままなのよね。

だから《トリスタン》はパス。

 嘉美ちゃんの代わりに《イゾルデ》に赴任した木下章太郎は頭ガチガチで、二言目には「うちの冷蔵庫を私物化しないでください」とか言うし。

今日《イゾルデ》の事務所に行ったら、なんと!!冷蔵庫の中に入れてあったはずの"華恵ちゃん印の缶コーヒー"が全て、従業員用出入り口の前に置いてあったの。

酷いじゃない?ピンクの髑髏マークのシールは、山下明利が特注で作ってくれた物なのよ?缶コーヒーは、彼が「置いていい」と言ったんだから!

そう言って抵抗したけれど、章ちゃんは「ここの店長は俺に代わったんで!俺のやりたいようにやりますから」と言うの。今日から、華恵は《イゾルデ》には出禁になっちゃった。

冷たいわ、章ちゃん。大学生の頃から可愛がってあげたのにっ!

 今思えば、嘉美ちゃんの《イゾルデ》とテルちゃんの《325》が最高だったわ。《325》にいると、圭介さんが私に会いに来てくれるし。(そう思えば楽しいじゃない?)

冷たい章ちゃんに締め出され、さすらい人華恵はコーヒータイム難民になってしまったの。

「ああっ、寒い」

ビルとビルの間を吹き抜ける風にもメゲズ。華恵は全身でセンチメンタルを表現しながら駅前広場の桜の木を見上げたの。

「開花宣言はいつかしら?」

花の芽は少しずつ膨らんでいるわ。私の股間のように。

「華恵ちゃんが見ていたら、桜がビビッて咲くのをやめるぞ」

聞き覚えのある声。冴え渡る毒舌。

「その声は!」

華恵の救世主・山下明利!今日も麗しいわ。あら、今日は良い事でもあったのかしら?ご機嫌だわ。華恵が振り返ると、アキは端整なお顔の眉間に皺を寄せた。

「何してるの?」

「そんな顔をしなくてもいいじゃない!失礼ね」

「華恵ちゃん。無駄だから香水は付けるなよ。花粉よりも性質が悪いぞ?」

アキは鼻を摘んで、自分の顔の辺りの空気を払うようにパタパタし始めた。

「失礼過ぎるわ~!これ、シャネルなのよ!」

私のシャネルがアキのスーツに染み付きますように、と願いながら私はアキの身体に突進した。

「うわっ!来るなっ!」

アキは持っていたアタッシュケースでガードしながらジリジリと後退して私を避けるの。

「シャネルが泣くぞ」

「もうっ!」

ダンボール箱が邪魔で、アキをホールド出来ないわ。箱の中で缶が転がってガシャガシャと煩いし!

「それよりどうしたの?こんな所で花を咲かせられなかった隣のじーさんみたいな顔してシミジミしちゃって。オトコにフラれたのか?」

「フラれてませんっ!ついでにじーさんだなんて、酷いわ!」

「ピンクじーさん。あははっ」

「いい加減にしてっ!」

さすがに周囲の視線が気になったのか、アキは肩を竦めてクスッと笑った。

「ベンチに座ろうか?」

「そうね」

私たちは桜の木の下のベンチに並んで座ったの。私たちの前を通る人たちは、噂のビッグカップルを物珍しそうに見て行くのよ。

「華恵ちゃんといるの、目立つから嫌だな」

「あら?いいじゃない?私はアキと一緒で誇らしいわ!ほーら、あそこの女!アキの事をずーーーっと見てるじゃない?」

「きっと可哀相なサラリーマンがおかしなオカマに変な物を売り付けられている、と思ってんだよ」

アキは笑いながらダンボール箱を指差した。

「これ、例の缶コーヒーじゃないか?」

「そうなの・・・。華恵、章ちゃんに追い出されちゃったの」

「ああ、《イゾルデ》の冷蔵庫か?あれは型が古いから省エネタイプに買い換えるんだよ。整理するのにこれが邪魔だったんじゃないのか?それに、華恵ちゃんがコーヒー1本が減るたびに大騒ぎして犯人捜ししたりするからだよ。章太郎が華恵ちゃんの所為でバイトが辞めていく、ってボヤいていたぞ」

「だって~タダじゃないのよ?これ。お高いのよ?アキもこれが好きだから知ってるでしょう?」

「そりゃ、値段は知ってるけどさ。店の冷蔵庫は華恵ちゃんの物じゃない。電気代も掛かるんだからな。経費節減!缶コーヒーの1、2本は保管料だろうが?」

「ケチ。冷蔵庫の電源は入れっぱなしなんだから、缶コーヒーくらい置かせてよ!」

「ケチはどっちだよ?バイトに缶コーヒーくらい飲ませてやれよ。稼いでるんだから」

「どーして私が、他所のバイトにタダで缶コーヒーを飲ませなきゃならないのよ!?缶コーヒー一本のお代はキス一回よっ!」

アキはダンボール箱の中から缶を一本取り出した。

「高過ぎるんだよ、華恵ちゃんのキス」

アキはピンクの髑髏マークのシールが貼られた缶を、ジャケットのポケットに入れた。

「もらうよ」

「いいわよ。ねえ、アキ。どこか知らない?イケメンがわんさか居て、落ち着いてコーヒーが飲める店」

「そんな店あるかよ?《はるか》も閉店したしね」

「アキ、《はるか》にはイケメンじゃなくておっさんしかいなかったでしょ?マスターもおっさん、客もおっさんとじーさん。私が欲しているのはイケメンちゃんよ!40年前はイケメンだったじーさんとかいらないんだから!」

どうしてこの私が、おっさん相手に金を払ってコーヒーを飲まなければならないのよ?《はるか》も潰れて当然よ。コーヒーだって、信ちゃんに仕込まれた素人の私の方が上手く淹れられたんだから!

信ちゃんから《銀香》の店番を任されていた私の実力を、舐めてもらっちゃ困るわよ。

「客のオカマもおっさん。プッ」

アキは「あははっ」と可笑しそうに笑い始めた。

「何よ!失礼ね!私はまだおっさんじゃありません!お姉さんよっ!」

「あははっ、そ、そうだね。うん、ピンクも似合うよ。あははっ」

絶対に似合うとは思ってないわね、アキ。

「そうだ!あそこ、華恵ちゃんがやれば?オカマ喫茶。ウケるかもよ?」

「マジで?」

「今なら家賃も格安でーす」

「それ、マジで言ってるの?」

「冗談だよ。あそこは現在、検討中」

「ふうん」

ちょっと本気にしちゃったじゃないの。マジで考えようかしら?

「コーヒーを飲むだけなら《花信風》に行けば?佐井ちゃんには俺から話しておくから」

「いいのっ!」

嬉しさのあまりに思わずアキの方にグググッと身を乗り出すと、アキは鼻を摘んだ。

「いいけど、あそこで鼻息荒くすんな。それからあの店の客は上客ばかりだからな。そのピンクのジャージでの出入りは禁止」

「これしか持ってないの」

「じゃ、諦めろ」

「ダメ?」

「ダメ」

「《サラダボックス》は?」

「あそこのスタッフは女性ばかりだぞ?」

「そうね、楽しくないわね」

「いや、むこうは楽しいかもね。タダでオカマバーに行った気分を味わえるから。毎日、余興が見られる。休憩時間に華恵ちゃんのバケモノダンスでも見せてやってよ」

「・・・行かないわよ。《花信風》で手を打つわ」

「別に、こっちに譲歩してもらう筋合いはないからな?」

「・・・ごめんなさい」

こうして華恵は、《花信風》への出入りを許してもらったの。うふふっ。

*****

ご訪問ありがとうございます!ごゆっくりお過ごしくださいませ!

今年の投票は9票という振るわない成績でしたが、華恵ちゃんです。かなり前に書いていたものですが、緊急なのでデッドストックから引っ張ってきました。ご容赦くださいっ!

   日高千湖

ランキングに参加しております、良かったらポチッと押してやってください♪
   ↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村  
携帯電話の方はこちらを押して頂けると嬉しいです♪
   ↓
ブログ村 BL・GL・TLブログ
ありがとうございました! 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
来年度は上位に入ります!
日高様
久しぶりの華恵ちゃんのお話をありがとうございます
今年は始めは文ちゃんで
その後はアキを一位当選させる為に
華恵ちゃんに投票する事ができませんでした
来年度は
本当はイケメンで優しくてカッコイイ華恵ちゃんの恋バナを
初日からガンガン投票します!
厚化粧の下のイケメンを公表して頂きたいです
よろしくお願いします!
2018/03/18(日) 09:00 | URL | ai #-[ 編集]
Re: aiさま~いらっしゃいませ♪
aiさま~いらっしゃいませ♪

久々に華恵ちゃんですwww飯坂の「カタクリカタクリ」が終わった後に、旧ブログからこちらへお話を移している時に缶コーヒーの話がありまして、その時にUPしようと思って書いていた物です。

> 今年は始めは文ちゃんで
> その後はアキを一位当選させる為に
> 華恵ちゃんに投票する事ができませんでした

そうなんですね!ご参加くださいましてありがとうございました!

> 来年度は
> 本当はイケメンで優しくてカッコイイ華恵ちゃんの恋バナを
> 初日からガンガン投票します!
> 厚化粧の下のイケメンを公表して頂きたいです
> よろしくお願いします!

そうですねえ~どうなんでしょう?来年があるかはわかりませんので・・・。日高ババアなのでwww
華恵ちゃんは素顔は見せないように必死なんですよね(笑)イケメンの華恵ちゃんがピンクのジャージを着てウロウロしている姿が想像できないwww

コメントありがとうございました!
2018/03/18(日) 09:10 | URL | 日高千湖 #-[ 編集]
れいさま~いらっしゃいませ♪
拍手コメ・れいさま~いらっしゃいませ♪

佐井さんですか?ふふふっ

ピンチですかね?彼は余裕があるので、楽しんでるかもですよ?後編をお待ちくださいね!

拍手&コメントありがとうございました!
2018/03/18(日) 09:13 | URL | 日高千湖 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日高千湖

Author:日高千湖
日高千湖のBL小説ブログへようこそ♪

こちらはオリジナルBL小説ブログです。BLという言葉なんて知らない、嫌悪感を抱くとおっしゃる方は回避願います。

旧ブログ『薄き袂に宿る月影』をご愛顧頂きました皆さまには、ご迷惑をお掛けしております。

旧ブログ内で公開しておりました作品につきましては順次こちらでも公開して参ります。また、旧ブログで公開中の作品は今のところそのまま残しておりますが、こちらへは改稿した上でUP致します。こちらへ移転後は旧ブログでの公開は見合わせたいと思いますのでご了承下さいませ。

左上の【Sitemap】をクリックして頂きますと過去3ヶ月の更新記事がお読みになれます。お久しぶりの方、読み逃がした方はこちらが便利です♪

サイトマップ代わりに【目次と登場人物紹介】というカテゴリを作成しましたので、そちらをご利用下さい。

★拙作ではございますが、著作権は放棄しておりません。お持ち帰りはご遠慮願います。

★大変お手数ではございますが、リンクをご希望の方はコメント欄にてお知らせ頂けると嬉しいです♪よろしくお願い致します。


ランキングに参加しております。良かったら押してやって下さい!
  ↓

にほんブログ村


ありがとうございました!

★尚、拍手コメントくださいました方へのお返事は、コメントを頂いた記事のコメント欄にて書かせて頂いております。ご確認下さいませ★

では、ごゆっくりどうぞ♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
フリーエリア