FC2ブログ

『夢見月夜曲』は日高千湖のオリジナルBL小説ブログです。

菜虫化蝶・2~『Love me do』番外編

「大体さ、『航にちょっかい出すなら出禁』とか。アホだな」

若が呆れたように言った。

「そうだよ。家永さんは航くんを構いすぎだよ。過保護」

僕の周りには、家永さんを含めて僕を構いたい人が多過ぎるのだ。


 僕が頼りなく見えるのか、そう思わせるものが僕にあるのかわからないけれど、母はいまだに湊に食料品や日用品を持たせるし、湊は合鍵を使って勝手に部屋の中に入る。

湊も『ひいらぎ』に届けてくれれば良いんだけど、『ひいらぎ』には「部屋に置いておいたから」とわざわざ伝えに来るのだ。絶対にわざとだし。

 母の気持ちはわからないでもない。僕の収入が少ないから、食費だけでも加勢してやろうという思いなのだ。

『ひいらぎ』がオープンしてからは「正社員」なので、父の日、母の日と両親の誕生日にはささやかながらプレゼントを渡すようにしている。勿論、湊には誕生日とお年玉だ。

今でも毎月3万円は母に渡しているし、自分では自立していると思っているんだけどね。

「言えてる!航くんも、もっと自由にしたいと思っているだろう?」

若が僕の顔を覗き込むようにして聞いた。「自由にしたい」とかではないけれど、家永さんは心配し過ぎではないかと思う。「夜道が危ない」とか、女の子じゃあるまいし。

 福富廉慈さんは、『若』というニックネームが相応しい風貌だ。

商店街の人たちは親しみを込めて彼を『廉ちゃん』とか『若』と呼ぶ。

『廉ちゃん』と呼ぶのは、彼を赤ちゃんの頃から知る人たちだ。おむつをして商店街を三輪車で爆走していた『蘭雅』の長男坊が、「立派になって」と思っている人たち。敦子さんと敦子さんのお父さんは『廉ちゃん』と呼ぶ。

そして『若』と呼ぶのは、彼と年齢的に近い人たちだ。

サラサラの髪に細面のイケメン。着物が良く似合っていて、ちょん髷じゃないけど時代劇に出てくる粋な「若さま」のようだ。

デザイン系の学校を卒業した若はパソコンの扱いにも慣れていて、『ひいらぎ』のホームページの作成を手伝ってくれたりもした。商店街の青年部が発行している「青年部だより」や、イベントのチラシやポスターのデザインも彼が引き受けている。青年部の広報部長だ。

「窮屈だろ?束縛する彼氏」

「・・・束縛。束縛、と言うのではないと思いますけど」

時々、ウザイくらいに僕に張り付いてくる。

「じゃあ、何だよ?」

「ヤキモチじゃないの?」

「まあ、そうですけど・・・」

「家永さんには航くんみたいに綺麗な人は勿体無いな」

若はノンビリと食後のコーヒーを飲みながら言った。ニヤリと笑うとカッコいい。

「そんな事はありませんよ」

家永さんにはもっと相応しい人がいるんじゃないかと、僕の方が常々思ってるんですけど。

「ほら!この謙虚さ。世の女性方に見習って頂きたいね。なあ?カンナちゃん」

「若、その話しは止めませんか?俺、アレルギーなんで」

吉塚さんが手で大きなバツを作って見せた。

「カンナちゃんはさ、女に逃げられてもう何年?」

えっ、それを聞くの?

「3年、です」

「返済は終わったのか?」

「まだまだ終わりませんよ。返済が終わらないと次の人、とか考えられませんから」

それはそうだよね。吉塚さんの年齢になると、お付き合い=結婚という図式から逃れられない。吉塚さんは真面目だから。

「そこをグググッと切り替えてさ!今夜、合コン行かない?」

若はカウンターに身を乗り出して吉塚さんを合コンに誘った。そういえば商店街で街コンを催した時も、若は家永さんを何度も誘って参加していたな。

「合コン?」

「うん」

「このマスクで?」

帰りはそれにゴーグル付きですよ。

「外せ」

「クシャミ、出ますけど」

「俺が鼻炎薬を買ってやるから」

「鼻炎じゃないです」

「花粉症だよ」

「違います。風邪の引き始め」

「風邪の引き始めが長過ぎないか?いつになったら本格的な風邪になるんだ?」

「もうすぐ良くなりますから」

こうして話しは振り出しに戻った。吉塚さんが花粉症かどうかは置いておいて、やっぱり返済が終わらないから吉塚さんは前に進めないでいるのだ。

「残りはいくらあるんだ?」

「あと200万くらいですね」

「200か・・・」

「というわけで、俺は金欠ですから合コンはパスです」

吉塚さんは手で大きなバツを作って見せた。若はそのバツを打ち消すかのように手を振る。

「免疫付けろよ」

「結構です。これ以上借金が増えるのは困るんで」

「合コンくらいで借金は増えないよ!じゃあ、航くん。どう?」

若の視線が僕に巡ってくる。

「えっ?僕?」

まさか自分が誘われるとは思っていなかった。

「行こうよ、航くん」

「行っておいでよ!」

吉塚さんまで。

「苦手なんです、そういうの」

「苦手を克服しよう」

「克服しなくても大丈夫なんで」

「そうだよな。家永さんというくっ付き虫がいるもんな」と、吉塚さんは頭を振る。

「そんなもんは無視していいから。なっ?メンバーが一人足りないんだ。頼む!」

「無理です」

合コンに僕が行っても、邪魔になるだけだし。場がしらけるのは目に見えている。

「それより、若。店に戻らなくてもいいんですか?」

「あーっ、と。そろそろ戻らないとな。考えておいてよ、航くん」

若は「ご馳走さまでした」と言って立ち上がった。

「明日のまかないは何だ?カンナちゃん」

「明日にならないとわかりませんよ」

「俺的には温かい鍋焼きうどんとか、食いたい」

「わかりました」

「ありがとうございました」

若は手を振りながら階段を下りていく。

「ねえ、吉塚さん」

「なんだい?」

「まかないって、若が食べたい物で決まるの?」

「まさか!」

「でも、今『わかりました』って」

「適当に返事をしただけ。あの人さ、『飽きた』とか言いながら明日もうちの飯を食いに来るんだぞ。だからリップサービス」

「そう、ですか」

「何を出しても文句は言わないから大丈夫だよ」

「ふうん」

「航くん」

吉塚さんは僕の肩を掴むと、真剣な顔をして聞いた。

「気が付いてないの?」

「はい?えっ?いえ、わかってますけど」

「・・・わかってる、の?」

「ええ。若が毎日うちでランチを食べる常連さんで大切なお客さまだ、って事」

「あっそ・・・一度、合コンには行った方がいいかもね」

「どうして合コン?」

「うーん。わかってないな」

「わかってない?」

「うん」

「・・・何がわかってないんですか?」

「わかった。俺はこれ以上何も言わない」

「・・・?」

吉塚さんは「家永さんに同情するよ」と言うと、シンクに溜まった食器を洗い始めた。

*****

ご訪問ありがとうございます!ごゆっくりお過ごしくださいませ!


野菊とモンシロチョウ (紋白蝶) / Small Cabbage White and Wild Chrysanthemum / Dakiny


「菜虫化蝶(なむしちょうになる)」とは青虫が羽化して蝶になる、という意味です。「菜虫化蝶」は 七十二候の一つで、3月16日~3月20日に相当します。 二十四節気の啓蟄(3月6日~3月20日)の最後の5日間です。

菜虫とはダイコン・カブ・ハクサイといったアブラナ科に属する野菜を食べる虫で、特にモンシロチョウの幼虫を青虫を言います。菜虫(青虫)がたくさん葉を食べてサナギになり、羽化してモンシロチョウになる。青虫が厳しい冬を乗り越えて蝶へと変化するのは、春の訪れの象徴のようですね。

   日高千湖

ランキングに参加しております、良かったらポチッと押してやってください♪
   ↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村  
携帯電話の方はこちらを押して頂けると嬉しいです♪
   ↓
ブログ村 BL・GL・TLブログ
ありがとうございました! 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/03/26(月) 23:47 | | #[ 編集]
Re: 鍵コメ・Aさま~いらっしゃいませ♪
鍵コメ・Aさま~いらっしゃいませ♪

すみません、更新できなくてwww今度は右手が腱鞘炎になりましてwww4月は忙しいので、ガンガンUPしようと思っていたんですが。仕事への影響が心配です。
家永さんは合コンへと~(笑)家永さんも忙しいようですからね、浮気はないと思いますが。えっ?航くんは浮気OKなんですか?へえ~っ。

続きはちょっとお待ちくださいませね!頑張りますので。

航くんもいまだに家永&湊&ママに心配されておりますが、頑張ってますので応援をお願いしますね!

コメントありがとうございました!
2018/03/27(火) 07:08 | URL | 日高千湖 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日高千湖

Author:日高千湖
日高千湖のBL小説ブログへようこそ♪

こちらはオリジナルBL小説ブログです。BLという言葉なんて知らない、嫌悪感を抱くとおっしゃる方は回避願います。

旧ブログ『薄き袂に宿る月影』をご愛顧頂きました皆さまには、ご迷惑をお掛けしております。

旧ブログ内で公開しておりました作品につきましては順次こちらでも公開して参ります。また、旧ブログで公開中の作品は今のところそのまま残しておりますが、こちらへは改稿した上でUP致します。こちらへ移転後は旧ブログでの公開は見合わせたいと思いますのでご了承下さいませ。

左上の【Sitemap】をクリックして頂きますと過去3ヶ月の更新記事がお読みになれます。お久しぶりの方、読み逃がした方はこちらが便利です♪

サイトマップ代わりに【目次と登場人物紹介】というカテゴリを作成しましたので、そちらをご利用下さい。

★拙作ではございますが、著作権は放棄しておりません。お持ち帰りはご遠慮願います。

★大変お手数ではございますが、リンクをご希望の方はコメント欄にてお知らせ頂けると嬉しいです♪よろしくお願い致します。


ランキングに参加しております。良かったら押してやって下さい!
  ↓

にほんブログ村


ありがとうございました!

★尚、拍手コメントくださいました方へのお返事は、コメントを頂いた記事のコメント欄にて書かせて頂いております。ご確認下さいませ★

では、ごゆっくりどうぞ♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
フリーエリア