『夢見月夜曲』は日高千湖のオリジナルBL小説ブログです。

菜虫化蝶・6~『Love me do』番外編

 駅の構内から出て、目の前に広がったネオンの華やかな瞬きに懐かしさを覚えた。商店街の街灯も明るいけれど、繁華街の明るさとは質が違う。

この街の住人だった僕だけど、ここを離れてすでに2年以上が経つ。派

手なドレスを着たキャバ嬢や着物姿のクラブのママたちがしゃなりしゃなりと歩く姿。スーツ姿のホストたち、サラリーマンたちが浮きたつ心で行き交う景色。見慣れていたはずの景色だったが、今の僕には遠い世界のように思える。

僕がここに居た頃とは、街の様子も変わっている。繁盛していたキャバクラが消え、代わりにクラブが出来ている。壁一面に飾られていたキャバ嬢の写真が消え、真っ黒な壁になった。

前を通ると香ばしい匂いに誘われてお腹がくうっと鳴った焼き鳥屋さんは看板が新しくなった。《ピタゴラス》はゴチャゴチャとしたネオンに埋もれながら、今でも営業しているのだろうか。そう思いながら、僕は《ピタゴラス》の方には目を向けなかった。


 『第12家永ビルディング』の前を通り過ぎ《エクート》のドアを開けると、マスターが「航くん!久し振り!」といつもの声で迎えてくれた。

「こんばんは!」

「あれ?1人かい?」

僕の後ろを見て家永さんの姿がないのを確認したマスターは、ちょっと不思議そうな顔をした。

「ええ」

「こっち、おいでよ」

マスターが手招きする。僕は真っ直ぐにカウンターに向かった。

お客さんはいつもの感じ。ポツポツと7人程が席に座っている。新聞を読んでいる人、美味しそうにカレーを食べている人。グルリと店内を見回したけれど、若はいない。

ここに若がいない事にちょっとだけホッとして、僕はカウンターのスツールに座った。

「こんばんは」

「待ち合わせかい?」

「いいえ。今日は1人です」

「珍しいね」

「はい」

マスターは水とおしぼりを出して僕の前に置いた。

「ありがとうございます。家永さんは桜祭りの準備で忙しいんですよ」

「桜か。開花宣言は明日か明後日かだ、とニュースで言っていたよ」

「そのようですね。毎年、公園の桜が見事なんですよ。青年部は提灯を飾り付けたり、土曜日の夜は公園でビールとかつまみとか販売するから家永さんは大忙しです」

「あの人、好きそうだな。そういうの」

「大好きです」

「あははっ。張り切って陣頭指揮を執ってるんだろ?」

「ええ。そうなんですよね。自分では『新参者だから』とか言うんですけど、『古株みたいだ』と言われていますよ」

若がいない分を埋めないといけないのが実情だけどね。

「うん、うん。わかる」

マスターは何度も『ひいらぎ』に足を運んでくれた。畑違いの仕事に飛び込んだ家永さんの事は勿論だけど、自分が紹介した吉塚さんの事も心配なようで、忙しい合間を縫って3、4ヶ月に一度は店に来てくれるのだ。

「あっ、そうだ。航くんは、今村くんって子を覚えているか?」

「今村・・・覚えてますよ」

「月に一度くらい、うちに顔を出してくれるんだよ」

《ピタゴラス》で一緒に働いていた今村基樹に対して、僕には良い思い出はなかったりする。一時は彼を信じていたし、何度も部屋に泊めてもらったし、ちょっと感謝してる部分もある。

あえて仲良くしようとは思わないけれど、こうして人伝に消息を聞けば懐かしくなるし、会ってもいいかなくらいの気持ちにはなるから不思議だ。

「今村くんも元気ですか?」

「ああ。先週だったかな?食べに来てくれてさ。4月から専門学校に通うんだって。彼、昼間はファミレスでバイトして、その後は道路工事の現場で夜中まで働いて学費を貯めたみたいだよ」

「道路工事ですか?」

あの『ヒカル』だった今村基樹が工事現場で働いていた、と聞き僕は耳を疑った。『ヒカル』の頃の彼とは180度真逆の仕事だ。

「想像出来ないですね」

「可愛い顔をしてるからさ、現場の仕事と結び付かないだろ?田代さんと2人で来てくれる事もあるんだよ」

「へえ・・・」

もしかして付き合っているのかな?『ヒカル』の想いが通じたのかな?

『ひいらぎ』がオープンして一度だけ田代さんが店に来てくれたが、それ以降は今村とも田代さんとも音信不通だった。田代さんとは家永さんが連絡を取り合っているのかもしれないけど、僕は聞いてはいない。

「2人は仲が良いんですね」

「ああ。彼ら、一緒に住んでるらしいよ。今年の秋に、郊外でドッグラン付きのカフェを開店するんだってさ。今村くんはトリマーを目指してるよ」

マスターは、まるで自分の事のように胸を張った。

「・・・トリマー?犬とか猫の?」

「そうだよ」

彼に最後に会ったのは、彼が『ひいらぎ書店』に来てくれた時だ。その時も「専門学校に通いたい」と言っていたけれど、トリマーを目指しているとは聞いていない。

もしかしたら、田代さんが彼を導いたのかもしれない。

「ファミレスが休みの日は現場で働いて真っ黒に日焼けしてさ。この一年で逞しくなったよ」

マスターは二の腕を叩いて力瘤を作ってみせた。

「へえ・・・」

僕は良かった、と心から思った。田代さんへの想いが伝わり、一緒に住んでいるだけでも驚きだったけど、2人で店をやろうとしているなんて。

田代さんは友人の会社で働いていると聞いていたが、自分で事業を興そうとしているという事か。

「今村くんも頑張ってるよ」

「良かった」

「そうだ、何か食う?飲む?」

「あっ、すみません!いつもの玉子サンドで」

「はい」

マスターは「玉子サンド」と聞く前から腰に巻いたエプロンを巻き直し、玉子焼きを焼く準備を始めていた。

「紅茶?コーンスープもあるよ」

「じゃあ、コーンスープでお願いします」

「はい!お待ちください!」

使い込まれた玉子焼き用のフライパンに油を塗り、割った卵をカシャカシャと溶き解すマスターの背中を見ていると、僕はここへ来た目的を忘れそうになる。


「わあ、美味しそう」

お馴染みの味だけど飽きない。ここに来るたびに注文しているけれど、次もまた注文してしまう。粒コーンがたくさん入った中華風のとろみのあるスープも、ごま油の香りがよくて美味しいのだ。

「いただきます」

「どうぞ」

ここへ来た目的を忘れたわけではないけど、とりあえず食べよう。そう思って、玉子サンドを手に取りパクッと一口。

「美味い?」

「はい」

吉塚さんも同じ物を作ってくれるけれど、全く同じ味ではない。少しだけアレンジされているのだ。吉塚さんが作る玉子サンドも勿論美味しいんだけどね。マスターのは別格なのだ。

「ああ、美味しかった!」

「満腹?」

「ええ」

「苺がいいのが入ったから大福にしたんだ。どう?」

「食べます!」

「待っててね」

マスターは冷蔵庫から苺大福を出し、僕の為にわざわざ緑茶を準備してくれている。

「マスター」

「なんだい?」

「この人、店に来た事ありませんか?」

湯冷ましに湯を入れたマスターが、僕の手元のスマートフォンを覗き込んだ。

「どれどれ」

スマホの写真は着物を着た若だ。一番最新の写真はバレンタインデーに青年部が配布するチョコレートを準備している時のもの。『ひいらぎ』のカウンターで吉塚さんと2人で笑顔でピースしている。

「写真は着物ですけど、今日はジーンズでした」

若は派手な顔立ちのイケメンだ。今日ここで会ったとしたら、マスターは覚えているはずだ。

「・・・あっ」

「見たことありますか?」

「・・・昼間、来たな」

「本当に?」

「ああ・・・12時半くらいだったかな。あっちの奥の席で玉子サンドを注文したよ」

マスターが指差したのは、一番奥の一番目立たない席だ。

「誰かに聞いてここに来たんだと思ったんだよな。うちって飛び込みの客は多くないんだよね。いきなり玉子サンドを注文したから誰の紹介か聞こうと思ったんだけど、バタバタしててね。聞きそびれたんだよね。航くんの知り合いだったのか」

「はい。彼がどこに行ったか知りませんよね?」

「・・・そこまではわからないな。あっ、会計の時に本当に24時間開いてるのか、聞いていたな」

「じゃあ、また来るかもしれませんね」

「可能性はある」

若はスマートフォンを家に置いて出たはずだ。もしかしたら、ここへ戻ってくる可能性もある。終電まで僕はここで粘ることに決めた。

*****

ご訪問ありがとうございます!ごゆっくりお過ごしくださいませ!

いつになく積極的な航くんだ。

   日高千湖

ランキングに参加しております、良かったらポチッと押してやってください♪
   ↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村  
携帯電話の方はこちらを押して頂けると嬉しいです♪
   ↓
ブログ村 BL・GL・TLブログ
ありがとうございました! 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
日高様~~~きゅうきゅううっっ

思いもかけずヒカルと田代さんのその後がわかりましたね~
なんか、この二人にはあまり良い印象はないんですけど。
特に田代さんに関しては、金持ちのボンが甘えやがって・・・っていう(苦笑)
でも、ヒカルと相思相愛になって将来を誓い合って頑張ってるんだったら、まあちょっとは応援してもいいかな。
な~んて、上から目線ww

それにしても、若はどうしちゃったんでしょうね~
続きが気になります。
ところで、我が愛しの耀ちゃんはお元気ですか?
お花見、したのかなぁ~?
2018/04/16(月) 00:37 | URL | にゃあ #-[ 編集]
Re: にゃあさま~いらっしゃいませ♪
にゃあさま~きゅうきゅきゅっ♪

> 思いもかけずヒカルと田代さんのその後がわかりましたね~
> なんか、この二人にはあまり良い印象はないんですけど。
> 特に田代さんに関しては、金持ちのボンが甘えやがって・・・っていう(苦笑)
> でも、ヒカルと相思相愛になって将来を誓い合って頑張ってるんだったら、まあちょっとは応援してもいいかな。
> な~んて、上から目線ww

そうなんですよ~ヒカル&田代です♪名前だけね。その後の2人の消息とかわかりましたね。
ちょっと応援してやってくださいね(笑)

> それにしても、若はどうしちゃったんでしょうね~
> 続きが気になります。

若はどこにいるんでしょうねえ?行方不明中でーす!

> ところで、我が愛しの耀ちゃんはお元気ですか?
> お花見、したのかなぁ~?

耀ちゃんは忙しいんですよ!!現在、子猫のお世話&大きな猫比呂人(猫ひろしじゃないよ)がいますから(笑)
お花見は行事の中に入ってますからね、見たでしょう~♪

お返事が遅くなりまして申し訳ございませんでした!!コメントありがとうございました!
2018/04/16(月) 22:31 | URL | 日高千湖 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/04/17(火) 00:21 | | #[ 編集]
Re:鍵コメ・Aさま~いらっしゃいませ♪
鍵コメ・Aさま~いらっしゃいませ♪

お返事が遅くなりまして申し訳ございません!!すみません、さっき帰宅したものですからwww

田代とヒカルは真面目にお付き合い中のようですよ。綺麗どころが好きな田代の心配まで、ありがとうございます。結構、新しいタイプで気に入ってるのかも。

航くんも色々頑張ってますからね!負けてないんじゃないですか?今回は、前とは違う航くんに出会えると思いますよ?

若はどうしてるんでしょうねえ?今回は航くんが積極的ですから。ご期待ください。

ちょっとバタバタしておりまして、更新が間に合いません。申し訳ないです!!コメントありがとうございました!
2018/04/17(火) 22:38 | URL | 日高千湖 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日高千湖

Author:日高千湖
日高千湖のBL小説ブログへようこそ♪

こちらはオリジナルBL小説ブログです。BLという言葉なんて知らない、嫌悪感を抱くとおっしゃる方は回避願います。

旧ブログ『薄き袂に宿る月影』をご愛顧頂きました皆さまには、ご迷惑をお掛けしております。

旧ブログ内で公開しておりました作品につきましては順次こちらでも公開して参ります。また、旧ブログで公開中の作品は今のところそのまま残しておりますが、こちらへは改稿した上でUP致します。こちらへ移転後は旧ブログでの公開は見合わせたいと思いますのでご了承下さいませ。

左上の【Sitemap】をクリックして頂きますと過去3ヶ月の更新記事がお読みになれます。お久しぶりの方、読み逃がした方はこちらが便利です♪

サイトマップ代わりに【目次と登場人物紹介】というカテゴリを作成しましたので、そちらをご利用下さい。

★拙作ではございますが、著作権は放棄しておりません。お持ち帰りはご遠慮願います。

★大変お手数ではございますが、リンクをご希望の方はコメント欄にてお知らせ頂けると嬉しいです♪よろしくお願い致します。


ランキングに参加しております。良かったら押してやって下さい!
  ↓

にほんブログ村


ありがとうございました!

★尚、拍手コメントくださいました方へのお返事は、コメントを頂いた記事のコメント欄にて書かせて頂いております。ご確認下さいませ★

では、ごゆっくりどうぞ♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
フリーエリア